構造物診断の概要
 コンクリート構造物の変状
 診断フロー
 概算費用・お見積り
変状調査
原因推定
影響評価
対策要否の判定
お問合せフォーム1


 対策立案の概要
対策方法の選定
対策計画の立案


 温度応力解析の概要
 温度応力解析とは
 ご発注時の留意点
 解析フロー
 解析技術・解析条件
 概算費用・お見積り

温度・応力・指数の計算
ひび割れ幅の計算
対策要否の判定
対策方法の選定・計画
お問合せフォーム2


 プロポーザル案件の概要
■ 調査・診断業務に関する
プロポーザル提案書の作成
■ 業務消化支援


■ ひび割れ注入材
ひび割れ誘発目地


■ コンクリート構造物の劣化
予測・LCC評価
■ コンクリート構造物のモニ
タリング
■ マスコンクリート構造物施
工時の計測管理
■ 施工時に生じたひび割れ
等の不具合への対応

***********************
・ひび割れの原因推定や、
温度ひび割れ解析は、とくに
得意としております。ご相談く
ださい。
***********************

■ 実績

■ コンサルティング料金

***********************
・著書
合格のためのコンクリート診断
士試験講座(インデックス出版)



***********************

ブレーンセンターCI
クラックスケール(無料進呈中)

***********************

このページは、フォントの大きさ「中」で
快適にご覧いただけます。


お電話またはフォームから

TEL 042-390-8335


平日9:00〜18:00 受付
担当の浅野が分かりやすく
お答えします。

代表 浅野慎一
コンクリート構造物の調査・診断と維持管理に関するコンサルタント。
住宅基礎から橋梁、ダムまで。コンクリート構造物の問題解決に貢献します。

コンクリート構造物の調査・診断と維持管理に関するコンサルタント。マスコンクリートの温度応力解析とひび割れ誘発目地、誘発目地の計画、クラック調査等。

調査・診断業務も、
解析業務も
専門の有資格者
コンクリート診断士
担当します。
   TEL 042−390−8335
   平日9:00〜18:00  
(見積無料、電話相談歓迎)
  ←担当の浅野です。お困りの問題をぶつけてください。
今すぐのお問合せは  TEL 042−390−8335
担当:浅野(コンクリート診断士)が承ります。
**************************************************************
コンクリート構造物の調査・診断PRO SERVICE HOME | サイトマップ
Copyright (C) 2017 Concrete Diagnostic Technic brain center All rights reserved.

  マスコンクリートの温度応力解析

 対策方法の選定・計画
原計画で施工した場合に、許容ひび割れ幅を満足できないと評価されるときは、温度ひび割れを制御するための対策を考えることになります。
下表に示すような多様な対策が用いられています。対策を選定する際の留意点を簡単に整理すると、次のとおりです。

外部拘束が卓越する部材なのか(主として壁)、内部拘束が卓越する部材なのか(主
       としてスラブ)を考慮することが不可欠です。

外部拘束が卓越する部材に対しては、部材の奥行き長さを分割することが有効です。
     このために、ひび割れ誘発目地を用いることが一般です。壁部材を高さ方向に分割し
       て施工する場合は、1回の打設高さを高くして、L/Hを小さくすることが有効です。

内部拘束が卓越する部材に対しては、急激な温度降下を避ける対策が有効です。こ
       のために、養生期間を長くしたり、保温効果のある材料で被覆するなどの対策がとら
       れています。部材表面を冷やす行為は逆効果です。

標準的な構造物に対して、プレクーリングやポストクーリングなどの高価な対策が用
       いられることは、ほとんどありません。

設計段階で計画できる対策としては、前記のひび割れ誘発目地のほか、ひび割れ制
      御鉄筋の配置といったようなことになります。

対策の分類
対策
備考
配合 セメント種類の変更 s
単位セメント量の低減 s
打設時期 暑中施工を避ける s
打込み温度 打込み温度の低減 プレクーリング
ポストクーリング
ブロック分割 ブロック寸法の縮小 外部拘束の対策として有効
リフト分割 リフト高を低くする スラブの場合、内部拘束の対策として有効
リフト高を高くする 壁の場合、外部拘束の対策として有効
施工 打込み間隔を短くする s
養生 期間を長くする 内部拘束の対策として有効
保温する
設計 ひび割れ誘発目地の設置 外部拘束の対策として有効
ひび割れ制御鉄筋の配置 s
温度ひび割れを制御する対策
     お問合せフォーム(24時間以内にご希望の方法で回答します)